月別: 2016年11月

住宅ローンで欠かせない団体信用生命保険

住宅ローンを契約する上で欠かせない存在の団体信用生命保険では、色々と返済を行っている状況で病気となって仕事を辞めたり、死亡して返済が出来ない状況となれば、団体信用生命保険などの加入で住宅ローンの返済を行わなくて良いなどの状況となります。
それぞれ病気などにかかり仕事が出来ない状況となれば、住宅ローンの返済も厳しくなります。
現状では勤めも行って問題無く返済が出来ていても、それぞれ長い年月をかけて返済を行う住宅のローンではやはり、団体信用生命保険などの加入で安心した状況の基でローンの契約を行う必要があります。
やはりローンの返済を考えた所で、病気などの不可抗力や事故などでも同じ様に住宅が返済出来ない状況を考えてこうした保険に加入する事はかなり良い形で考えて行く事が出来ます。
それだけ住宅ローンなどの負担はかなり大きく、団体信用生命保険で助けられる部分もかなり大きくなっている様です。
保険も何も無ければ一番良いのですが、そこは人生何があるかは判らない状況であり、住宅ローンなどで最大35年のローンを組むとやはり色々な事が起こる状況となります。
その為団体信用生命保険は欠かせない状況で加入を進められています。

Categories: 未分類

不動産査定に便利な一括サービス

不動産査定を実施する際に少しでも多くの金額で売却してもらいたいという気持ちがとても強い方がほとんどです
そこで一括サービスを利用する事で、多くの業者に不動産査定を実施してもらう事が可能です。
一括サービスはとても簡単に利用する事ができ、必要な情報を提供する事で速やかに査定を実施してもらう事ができます。
インターネット上でこのようなサービスを提供しているので、速やかに査定してもらいたいと思っている方は、前向きに検討してもらいたいです。
一括サービスに参加している不動産査定業者は、優秀な業者がほとんどになっています。
とても便利なサービスになっているだけではなく、優秀な業者を揃えているので、初めて利用する方も不安を感じる事はありません。
迅速に対応してもらえる事がほとんどなので、忙しい生活を実施している方も快適に不動産査定を実施してもらう事が可能です。
このように凄く便利なサービスになっているのが不動産査定の一括サービスになっています。
必要な情報をしっかりと提供しないと残念ながら利用する事ができません。
基本的にはお金を支払わなくても利用する事ができる事がほとんどなので、気軽に行える利便性も発生しています。

Categories: 未分類

住宅ローン返済中の不動産を親子間で名義変更する場合の注意点

親族間で話し合いが十分できており不動産や住宅ローンの名義変更を親子間で行う場合、大きく問題となるのが税金関係です。
親子間で不動産の名義変更を行う場合親が亡くなって遺産相続として受け取る場合はさほど問題となりませんが、生存中に名義変更すると生前贈与の色合いをもつため贈与税がかかってくることもあり注意が必要です。
売買の場合仲介手数料や県税また不動産取得税などがかかりますが、そのことを考えても贈与税よりは売買の方が同じ名義変更でも出費が少なくて済むようです。
詳しくは税金のプロである税理士や司法書士に相談するのが無難で、ネットなどで調べて自分で名義を変更することは避けたいものです。
売買として親から子へ名前を変える場合登記目的を売買として所有権の移転を行いますが、同時に住宅ローンの債務者も変更しなければなりません。
方法としては別の金融機関で新たな住宅ローンの借入を行い今ある住宅ローンを一括返済する借換や債務者を親から子へ名義変更する債務引受がありますが、債務引受だと抵当権の移動がないため登記費用はかかりません。
いずれにしても債権者の承諾なしには親子間でも変更は行えず、また新たに債務者となる子は勤務先や収入など書類を揃えて金融機関の審査を受けなければなりません。

Categories: 未分類

住宅ローンの分割実行とは!

住宅ローンでお金を借りた場合に、分割実行を行うことで、何分割で払っていくかを決めることができます。
分割実行を行うのに大切なことは、年収や職種などで安定した収入があることが前提となります。
また頭金や担保などが一切必要ないのが分割実行の特徴となります。
ただし借りてる間に利息は発生することになるので注意が必要です。
住宅ローンの審査は非常に厳しいものとなっています。
住宅は大金なので、しっかりと返してもらえると思う人にしか、審査を通さないようにしてます。
住宅ローンの利息には二種類あります。
一つ目は変動金利です。
こちらは景気によって左右されるため、毎年、いくらの利息がかかるかまったくわからないため、次に説明する固定金利に比べて得する場合もあれば、損する場合もあります。
次に固定金利ですが、これは住宅ローンを全額支払い終わるまで、毎年払わなければいけないものとなります
固定金利の場合は、周りの景気に左右されることが一切なのでリスクは少ないといえますが、景気が良い場合などは変動金利に比べて多く払うことになります。
どちらもメリットがありデメリットがあるため、しっかりと自分の目でみて判断する必要があります。

Categories: 未分類

マンション売却をする際の値下げのタイミングとは

マンション売却を検討されている方はいますか?希望額でマンションを売却出来れば問題ありません。
しかし、いつまで経ってもマンションが売れない場合は値下げをしなくてはいけません。
それは長く自宅を保有していると固定資産税の支払いが必要になってくるからです。
少しでも支払う税金を抑えたいのであれば、早い時期にマンション売却をしたいところです。
そこでマンション売却の際の値下げのタイミングが大事になってくるのです。
マンション売却には値下げのタイミングが大事になってきます。
なぜ値下げのタイミングが大事なのか、それは購入を検討中の方の購買意欲を刺激する事が出来るからです。
しかし、むやみに値下げを繰り返せばいいという事ではありません。
価格の引き下げを繰り返すと引き下げの警戒をされるため、かえって売れない可能性もあるんです。
ですから、適切なタイミングで価格の引き下げを行う事が大切になってきます。
価格を引き下げるタイミングについてですが、どの時期に売り出したいのかを事前に決めておく事をお勧めします。
そして、自分が売りたい時期になりましたら、価格を引き下げをすると良いでしょう。
マンションを少しでも高く売却する為にも、価格を引き下げるタイミングを見誤らないようにしましょう。

Categories: 未分類

住宅ローンの返済を大変だと感じないためのポイント

住宅ローンで借り入れする金額は大きいです。
地域にもよりますが、新築の物件を購入するためには数千万円という大金が必要になります。
これだけのお金は簡単に準備できるものではありません。
仮に準備できたとしても、家を購入するために全資産を使用してしまえば、生活するためのお金がなくなります。
これでは、緊急でお金が必要な時に困る状況に陥る可能性があります。
しかし、金融機関が提供している住宅ローンを利用すれば、家を購入するための資金の融資を受けられます。
大きい金額の借り入れになるので、返済期間は長期になりますが、毎月やボーナス払いを利用する形で少しずつ返済可能です。
ただし、収入の状況は変化する場合があります。
たとえば、借り入れの申し込みを行った当初は、十分な収入を得ていたとしても、会社の業績不振や自身の能力不足などによって、予想していたよりも収入がアップしなかったり、下がってしまったりなどは、十分に考えられます。
そうなると返済が大変な状況になります。
住宅ローンの返済で大変な状況にならないためのポイントは、返済が厳しいと感じるまでの借り入れをしないこと、無理な返済計画を立てないことです。
そうすれば、住宅ローンの返済が大変と感じる状況を回避可能です。

Categories: 未分類

ローンありでも住宅ローンは組むことが出来ます

多くの人にとって一生の中でもかなり高額な買い物となるのが住宅です。
住宅の購入をキャッシュですべて行えるという方はほとんどおらず、多くの方が住宅ローンを利用して住宅の購入を行います。
一般的な例で言うと、3000万円程度の物件であれば、頭金を数百万円用意して、残りの2千万円ちょっとを住宅ローンで借り入れするというのが一般的です。
この様に住宅購入に欠かすことが出来ない住宅ローンですが、この住宅ローンを組む上で懸念材料となるのがローンあり状態の人でも審査に通る事が出来るのかという点です。
住宅ローン以外にカードローンやキャッシングなどを利用している、中には家族に内緒で借り入れを行っているというローンありという方も少なく無いでしょう。
その様なローンありの方でも審査に通る事は出来ます。
他社のローンの有無ももちろん大切なのですが、ローンの有無だけでなく、残高が影響するというケースがあります。2千万円融資する人が1千万円他社で借り入れをしていたら、おそらく通らないですが、2千万円借りる人が数十万円程度の借り入れを行っているくらいであれば、審査に通るケースが多くなっています。
もちろん、経済情勢や返済履歴などから総合的に判断がされるので一概には言い切れませんが、ローンがあるからと言って住宅向けのローンを諦める必要はありません。

Categories: 未分類

マンション売却で儲けるならどこがいい

本業をしながらでもお金を稼ぐ事のできる副業などがある現状においては、将来の事も考慮して様々な稼ぎ方を検討していくべきです。
それにより本業以上に稼ぐ事ができれば、雇用されると言う選択肢以外にも自由に生きていける選択を手に入れる事もできるかもしれません。
そのような本業以外でも稼げるビジネスの一つにマンション売却などが挙げられ、安く購入して高くマンション売却する事により利益を得る事ができます。
もしも稼ぐ目的ではない場合であったとしてもマンション購入はその後の対応も柔軟にできますので、検討してみても良いでしょう。
マンション売却も考慮に入れたマンション購入においては、どこがいいのかを悩まれる場合もあるかもしれません。
どこがいいのかを明確に示す事は難しいですが、参考の一つとしては人口増加率の高い所などを検討してみると良いです。
人口増加率が高いと言う事はそれだけ人が集まってくるエリアである可能性が高く、人が生活するためには住居が必要なためマンションなどにおける需要も高いと言えます。
また、どこがいいのかを専門家などに相談する方法もあり、良い業者やコンサルティング業者が見つかればより良い情報を得られるかもしれません。

Categories: 未分類

マンション売却での住宅ローン控除

マンション売却での住宅ローン控除を受ける事は、基本的に購入した人が今後10年間銀行に借り入れを行なって中古の物件を購入した際に発生する状況となります。
マンション売却を行なう状況としても、まずは住宅ローン控除をこれまで受けていた所で、物件が無くなればその時点で控除の対照となりません。
物件を保有して更にそこで生活を送る条件として住宅ローン控除を行なえる状況となり、マンション売却では今後新たな持ち主が控除の対象となり、そこで銀行での借り入れを行なって返済をスタートさせる事となれば、その方が今後の住宅ローン控除を10年間スタートさせる事が出来ます。
中古物件の注意点では築年数が25年を経過している物件は控除の対象とならない為、そこは注意が必要となります。
他にも敷地面積が50平米以下の物件に関しても控除の対象外となり、マンション売却を受けた人でもそれぞれの条件に関しては控除を受ける事が出来ません。
住宅ローンを組んでいてマンション売却を行なう流れとして考えると、まずは住宅ローン控除での所得税や住民税から還付を受ける事が出来る状況を踏まえて考えると好条件での取引を行う事となり、売却するとそれらは控除対象となりません。

Categories: 未分類

マンション売却のタイミング

マンション売却で少しでも高く売ろうと考えているならば、買い手が探しているタイミングやマーケットの需要を把握しておく必要があります。
何故なら需要がある時期ならば、売れる時期となり、需要が高くなることで価格が高騰しやすくなるためです。
一般的には転勤や学生の新生活などで引っ越しが多くなる1~3月が賃貸や購入物件の需要が高まる時期ですが、どうせなら新年を新しい住居で迎えようとする人は9~11月頃に物件を探し始めるようになります。
つまり1~3月、9~11月頃が需要の高まる時期で、賃貸ほど需要があるわけではありませんが、探している人が多くなっているので、マンション売却で多くの人に見てもらうには格好のタイミングと言えます。
しかし、最近はインターネットの普及で誰もが気軽に物件を見ることができる反面、需要供給のバランスが崩れ、供給過多の状態となっていることから売りに出しても、なかなか売れないという状態に陥っています。
本来なら前述の2つの時期が良いのですが、供給過多によって値崩れが起きやすいため、マンション売却のタイミングは特にこだわらず、売りに出そうと思ったら、その時に出すのが良い考えかもしれません。
あるいは、あえて供給の少ない時期に出すと意外と高値で売れる可能性もあります。

Categories: 未分類