マンション売却での住宅ローン控除

マンション売却での住宅ローン控除を受ける事は、基本的に購入した人が今後10年間銀行に借り入れを行なって中古の物件を購入した際に発生する状況となります。
マンション売却を行なう状況としても、まずは住宅ローン控除をこれまで受けていた所で、物件が無くなればその時点で控除の対照となりません。
物件を保有して更にそこで生活を送る条件として住宅ローン控除を行なえる状況となり、マンション売却では今後新たな持ち主が控除の対象となり、そこで銀行での借り入れを行なって返済をスタートさせる事となれば、その方が今後の住宅ローン控除を10年間スタートさせる事が出来ます。
中古物件の注意点では築年数が25年を経過している物件は控除の対象とならない為、そこは注意が必要となります。
他にも敷地面積が50平米以下の物件に関しても控除の対象外となり、マンション売却を受けた人でもそれぞれの条件に関しては控除を受ける事が出来ません。
住宅ローンを組んでいてマンション売却を行なう流れとして考えると、まずは住宅ローン控除での所得税や住民税から還付を受ける事が出来る状況を踏まえて考えると好条件での取引を行う事となり、売却するとそれらは控除対象となりません。

Categories: 未分類